【Fx日誌】日銀の金融政策を現状維持するとの発表が流れを決める展開に。

今日も日経平均株価をにらみながらのポジション取りから始まりましたが、日銀の金融政策で昼からは忙しい展開となりました。

終わってみれば全ての立て玉でプラスを出せましたので、案外取りやすい流れだったのかも知れませんが、実際にリアルタイムに刻まれていく値動きの中に居ると精神的には疲れますね。

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

ポジション取り前の動き

この日のドル円相場はAM1:10に付けた119.855を底値とした円安トレンドを保ったまま日本株式市場の取引開始を迎えました。

ポジション取りの前には、前日の日経平均株価の値動きから、

・日経平均株価の反落
・ドル円は円高方向に切り返し

と予想していたものの予想に反し日経平均株価は反発。

一旦は値を下げたものの18010円で切り返す動きを確認し、トレンドフォローの形でドル円のロングでポジションを取る事に。

今日のFxトレードの結果

ドル円のロングで入った直後にボリンジャーバンドもスクイーズ後に+2σタッチするなど理想的なチャートを描き、そのまま円安方向へときれいに推移してくれました。

その後、10時過ぎ辺りから上海総合指数の取引開始を意識してか日経平均株価はズルズルと上げ幅を縮小していき、それに併せた様にドル円も円高方向へと推移していく展開となったため、トレイリングストップで決済。

その直後には上海総合指数の下げを確認し、そのままドル円のショートでポジション取り。

上海総合指数が切り返しそうな気配を見せたため裁量で決済しました。

  • USD/JPY(ロング):+110pips
  • USD/JPY(ショート):+40pips

その後はズルズルと上げ下げを繰り返す展開になったためポジションは取らずに様子見としました。

日本株式市場の昼時間(12:00)に日銀の金融政策決定会合の発表があり、結果は予想通りの、

金融政策の現状維持

まぁそうだよねと思っていたらなんと、為替はこれを受けてドル円は一気にショートに傾きます。

当然、この流れに飛び乗ってみましたが、120円を割り込むと底堅い動きを見せ反発。

こちらもトレイリングストップでの決済となりました。

結果は以下の通り。

  • USD/JPY(ショート):+116pips

その後は途中で短期的に切り返す動きも見せつつも、ズルズルと円高方向へと進んでいきましたので、なかなかこれといったエントリーポイントが見出せずポジションは取れませんでした。

今日の収穫

今日の収穫は、以下。

  • 大きな発表がある時は値動きが激し過ぎる。
  • 内容によっては一方通行の流れになる。
  • しかも市場がポジティブと取るかネガティブと取るかに左右される。

といったところです。

そう思うと、発表前にポジションを持っておくのはは恐いですね。。。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です