【Fx日誌】日経平均株価をにらみつつ行って来いのトレンドに乗る。

今日のドル円相場は、日経平均株価の寄り高、その後のジリ下げの流れに沿うように上げ下げしていましたので、非常に取りやすい相場でしたね。

いつもこんな値動きだと良いんですけどねw

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

今日のFxトレードの結果

まずは日経平均株価の寄り付きに向けての板の増減を見つつUSD/JPYのロングでポジション取りをしました。

その後、日経平均株価が下落に転じたのを確認し、裁量で手仕舞いします。

更にUSD/JPYの売りシグナルを確認してのUSD/JPYのショートで再びポジション取り。

こちらはトレイリングストップに引っかかって自動で手仕舞いとなりました。

  • USD/JPY(ロング):+104 pips
  • USD/JPY(ショート):+68 pips

何となくですが、今のエントリールールは、こういうトレンド形成からのドテンとは相性が良いようです。

その後は日経平均のジリ下げに同期するように円高方向に向かいましたが中々ポジションを取れず。

後場の日経平均株価の寄り付きで、日経平均株価が一段安となる展開にドル円もズルズルと円高方向に推移していく中で日経平均の切り返しに合せてUSD/JPYのロングでポジション取り。

ここは小さく抜いて手仕舞いしましたw

  • USD/JPY(ロング):+26 pips

今日の収穫

今日の収穫は、以下の通り。

  • 現在のエントリールールはトレンドの転換点を見ているため、明確なトレンドが発生している時はエントリーできるが、一方通行の時はポジションが取れない(それで良いのかも知れないが)。
  • テクニカルだけでは無く外部要因(今日は日経平均株価)の流れを押さえておく事が大事。

と、ここまで書いて思ったのが、午前中のUSD/JPYのショートがトレイリングストップに引っかかった点。

相変わらずストップのルールが弱い(というか損切りしたくない思いが強過ぎるのかも)ために発生している問題ですが、もう少し強気のストップルールを設定していれば数100pipsが丸々取れていた場面なので、ここは検討の余地がありそうですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です