【Fx日誌】午前中はFX取引は見送り日銀発表後からのエントリーでした。

今日の米ドル円相場は、朝方から10時ごろまでの円高、それ以降は見事なレンジ相場に突入しましたので、日中の揉み合いの中では値幅を取るのは難しかったんじゃないでしょうか。

欧州市場に入ってからは何度か取れそうな場面もありましたが、切り返しが激しかったのでエントリーのタイミングやロスカットの幅次第といったところでしょうか。

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

エントリー前の動き

今日のポジション取り前の予想としては、

今日の日経平均は前日のNYダウは小幅反落、為替はドル円が121円の攻防という中でスタートを切りましたね。

  • 昨日のNY市場は小幅反落
  • ドル円は、121円の攻防
  • 日銀の金融政策決定会合あり

という事で、午前中の日経平均は寄り付きから揉み合いの展開になると予想していました。

為替もこれに同調するとすれば、方向感無く揉み合うのも予想できましたので、午前中のエントリーは見合わせ、日銀の金融政策決定会合の結果を待つ事にしました。

今日のFxトレードの結果

その後は予想通りに日経平均、ドル円ともに揉み合いの展開が続きましたね。

前回の日銀の金融政策決定会合の結果は12:00ちょうどに発表されたので、この時間帯を警戒して正午には待機していたんですが、この時間での発表は有りませんでした。

参考:【Fx日誌】日銀の追加緩和見送りと飛び乗り飛び降りが全て | とあるFx投資家のブログ

これは13:00辺りかな?と気を抜いて、次に為替を確認した12:30には既に発表が出て円高に振れた後でしたw

ここで慌ててUSD/JPY(ショート)でエントリーします。

が、高いボラティリティの中、思った以上にドル売りの勢いが弱く、むしろドル買いの方向に切り返してきそうな気配を感じましたので、タイミングを見計らって裁量で手仕舞いします。

  • USD/JPY(ショート):+62 pips

と、上手くプラスで手仕舞いできましたw

その後、暫く為替を眺めていましたが12:45には切り返してくる動きを強めたためドキドキしながらUSD/JPY(ロング)でエントリーします。

その後は順調に利幅を拡大してくれたので、一先ずエントリーと同値にストップロスを切り上げて仕事に戻りました。

次に為替を確認した時には14時過ぎには、ピークを付けてトレンド転換し始めていたので、こちらも裁量で手仕舞いしました。

  • USD/JPY(ショート):+387 pips

という訳で、今日はトータル+449 pipsと大きくプラスを取る事ができました。

ちなみに一昨日検討していた市場を跨ぐ時の立ち回りですが、今日は日銀の政策発表などもあって日中は明確な動きが見られず良く解りませんでした。

ただ欧州市場に入ってから、それまでの円高トレンドから一転して揉み合いになるなど、やはり何かしらの急進や転換はありそうな感触は持っています。

今日の収穫

今日の収穫は以下の通り。

  • 重要な発表前の揉み合い時はエントリー見送りが吉。
  • 「市場を跨ぐタイミングでトレンドの急伸や転換」は、やはり気にしていた方が良さそう。

といったところですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です