日銀の追加緩和が見送られたのに日経平均株価は高騰したのはなぜ?

今日は日銀の金融政策決定会合が開催され、追加緩和があるかどうかが焦点でしたね。

そのため会合の結果が発表される前は静かな値動きでしたが、お昼過ぎに「日銀の追加緩和が見送られた」との報道があったにも関わらず後場は高騰するという面白い値動きでした。

一体なぜ?

という訳で、今日はその辺りにも触れつつ、いつも通り備忘のためにマーケットの概況を記載しておきたいと思います。

スポンサーリンク

前場:小幅反落からの揉み合いで追加緩和待ち

今日の日経平均は前日のNYダウは小幅反落、為替はドル円が121円の攻防という中でスタートを切りましたね。
今日の寄り付きは11円安の18,924円と、こちらも小幅反落でのスタートとなりました。
その後すぐに値を切り返して、前日比プラス圏に浮上すると前日終値を挟んだ攻防に終始する展開に。

その後も、この揉み合いは続きますが、前引けにかけてジリジリと値を下げていきます。

ただその勢いは非常に弱く最終的に前日比28円安の18,907円と僅かにマイナスで引けました。
この間、ドル円も方向感無く揉みあい。
という訳で、今日は日銀の金融政策決定会合もあって、前場の取引は株も為替も予想通りに様子見の展開でしたね。

10月の日銀金融政策決定会合も結果はランチタイム中に

ランチタイム中の12:20ごろに日銀金融政策決定会合の結果、「金融政策の現状維持」と伝えられるとドル円は一気に円高に振れていきました。

ただ、インパクト的には約60銭程度だった事を見ると「市場に日銀の加緩和期待があった」にしては反応は限定的だったとも言えますね。

更に、この後急速に切り返し後場の寄り付き前には、かなり戻していたことからも影響が限定的だった事が窺えます。

が、この動きは冷静によくよく考えてみれば、当たり前と言えば当たり前かも知れません。

というのも、

  • FOMCでFRBは利上げを示唆(利上げがあればドルは強くなる)
  • 反面、日銀は現状維持

となれば、ドルが強くなるのは容易に想像が付きますので、発表後にドル買いの動きが出てもおかしくないですよね。

後場:一段安から下げからの急上昇

以上の様にランチタイム中に利上げ見送りが伝えられ、為替も値を戻しきっていない状況で日経の後場がスタートします。

日銀の加緩和期待が裏切られた事もあって、85円安の18,850円で後場スタート。

その後は下げ幅を拡大し、12:40には18,784円(-151円)へと安値を切り下げてきます。

ところがこの後は急速に下げ幅を縮小していき、13時前には一時プラス圏を回復。

ドル円も同調して勢いよく切り返しを見せてきます。

直後に一時マイナス圏に押し戻されるものの、絶妙なタイミングで「2015年度補正予算案に関するニュース」が入り、上げ幅を拡大。

この時のニュースが、

政府は2015年度補正予算案を総額で3兆円を超える規模にする方向で調整に入ったという。

参考:〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上昇一服、日銀総裁会見を控え | Reuters

13:34にはピークを迎え、266円高の19,202円を付けましたが、そこから引けにかけては週末要因もあってジリジリと値を下げて行きます。

最終的に今日の終値は147円高の19,083円と金融緩和期待が裏切られたにも関わらず大幅な上昇をみせました。

週明けの日経平均 予想

という訳で今日の日経平均は、

  • アメリカと日本の緩和期待度の差から生まれたドルの底堅さ
  • 絶妙なタイミングでの2015年度補正予算案に関するニュース

などの通しを受けて高騰してきたものと考えられます。

ただ、引けにかけて上昇が一服したのが残念ですね。

  • 高値ベースで見れば次の目標である8/28に付けた高値(19,192円)を上抜けていた。
  • 再び75日移動平均線に頭を押さえられた格好になった

という事で、今日の高値付近で引けてくれていれば一気に2万円台回復の期待も高まったところですので。

週明けの値動きですが、今のところ

  • ドル円は120円台半ばに下落
  • 欧州市場はまちまち

という事で今日のNY市場次第というところですかね。

今日の後場に8/28に付けた高値の19,192円までスムーズに上昇したのを見ると週明けにも期待が膨らんでしまいますがw

それにしても気になるのが日銀の動き。

この局面で追加緩和を見送って来るとは驚きです。

もちろん政府が2015年度補正予算案を総額で3兆円を超える規模にする方向で調整するというのは伝わっていたんだと思いますが。

緩和見送り後のドル円の底堅さ、市場に追加緩和期待を残す事なども想定した上での打ち筋だとすると、かなりのやり手が居られるようですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です