【Fx日誌】長期足と短期足の関係を理解するのが大事。

今日の米ドル円相場は、短期足でみれば概ね日経平均と連動した動きを見せていましたが、長期足でみると実は概ね円高トレンドだった事が解りますね。

という訳で、ショート中心に立ち回っていればかなりの値幅が取れたんじゃないでしょうか。

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

エントリー前の動き

今日のポジション取り前の予想としては、

  • NY市場は下げ
  • 為替については、119円台後半も長期足でみれば下げトレンド

という事で、日経平均は下げてくると予想してました。

という訳で、シグナルの発生からはかなり遅いとは思いましたが、日経の寄り付き前にUSD/JPY(ショート)でエントリー。

今日のFxトレードの結果

その後、予想通りに日経は前日比110円安の下げスタートを切りました。

が、ここから予想外の反発を見せ一時はプラス圏に突入するほどの勢いを見せてきます。

ドル円もこの動きに同調するように円安方向へと推移。

見事にストップロスにかかって手仕舞いとなっていました。

  • USD/JPY(ショート):-50 pips

次のエントリーはランチタイムのドル円を確認してからとなりました。

ランチタイムの値動きは概ね「12:00付近まで一方に動いてから12:30までに切り返し」というパターンが多いんですが、今日は円高に進んだ後の切り返しの動きが見られませんでした。

この間、

  • 日経平均先物は、ほぼ横ばい
  • 上海総合指数も小幅高

という事で原因は解りませんでしたが、主要銘柄の後場寄り前の板を見て「後場は一段下げ」を確信したところで再びUSD/JPY(ショート)でエントリー。

13:00前ごろに円高の勢いが増してきたのを確認して、逆指値を切り上げて仕事にもどりました。

次に為替を確認したのが14:00過ぎ。

日経平均も一段下げからの切り返しの動きを見せていましたし、ドル円もショートの流れが途切れそうだったので、裁量で手仕舞いしました。

  • USD/JPY(ショート):+182 pips

という訳で今日の収支は+132 pipsでした。

今日の収穫

今日の収穫は以下の通り。

  • 短期足と長期足の関係性を理解すればエントリーの判断が付きやすい気がする。
  • ランチタイムの反転が無ければトレンドは継続?(ここは検証の余地あり)

といったところです。

ちなみに今日はいつものローソク足から平均足に変えてみましたが、トレンドの継続か終わりかを見極めるにはローソク足より平均足の方が使えそうですね。

まぁ、ローソク足にはローソク足の良さもあるので、上手く使い分けてあげると良さそうです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です