【Fx日誌】大きな発表前はポジションを清算しておいた方が良さそうだ。

今日の米ドル円相場は、概ね日経平均に先行して動いていた印象ですね。

流れ的には取りやすい印象だったんですが、中国のGDP発表で大きく跳ねた後は暫く上げトレンドに移行してくるなど、途中のイレギュラーな値動きにどう対応できたのかが今日のポイントでしょうか。

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

ポジション取り前の動き

先週末には、NY市場が連騰してきた点、為替も円安方向に水準を切り上げてきた点などから今日の日経平均は上げてくると予想しました。

が、朝方からの米ドル円の流れは円高方向のトレンドを形成していましたので、悩みつつも8:15辺りでエントリーシグナルに従ってUSD/JPY(ショート)でポジション取りしました。

今日のFxトレードの結果

その後、日経平均は予想外の下げ寄り付き(といっても僅かでしたが)から下げ幅をジリジリと拡大して行く流れでした。

その後、10:30前ごろに値幅が取れているのを確認して逆指値を切り上げました。

が、次に為替を確認したところ、見事に反転し逆指値にかかって手仕舞いとなっていました。

  • USD/JPY(ショート):+130 pips

中国のGDP発表にこんなに反応するの?と驚きましたね。

しかもこの時は既に昼過ぎで、上昇トレンドもピークを迎えた後でしたので、ここでのポジション取りは見送りとしました。

その後はなかなかタイミングが合わず、今日はこれで取引を終了しました。

という訳で今日のトータル終始は、+130 pipsでした。

今日の収穫

今日の収穫は以下の通り。

  • 大きな発表前はポジションを清算しておいた方が良いみたい。

といったところです。

ちなみに昨日から見始めた一目均衡表ですが、小さい時間軸から大きい時間軸にかけて徐々に大きな波になっていくのは、他のテクニカルと同じですね。

何となく、抵抗線かつ支持線(あるいは抵抗帯、支持帯)の強さも大きな時間軸に行くほど強い印象でしたがどうなんでしょう?

僕の場合は5分足を主軸にトレードしているので、とりあえず5分足でもう少し眺めてみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です