日経平均は大幅反発もドル円は大幅下落

今日の日経平均株価は寄り安の後、大幅反発を見せ18,000円台を回復してきましたね。

昨日の時点ではもっと大幅に下げてくると予想していたので、これは嬉しい誤算です。
(というか、昨日の脆さは何だったのか。。。)

しかも前日のNYダウは大幅続落、為替も米ドル円が118円台後半まで円高方向に進んでいるという悪い地合いの中でのこの動きはかなり評価できるんじゃないでしょうか。

逆に気になるのがドル安の動きでしょうか。

アメリカのマクロ指標が悪かったのは解るんですが、日本市場の後場からの動きはちょっと謎。

この動きが明日に持ち越されなければ良いんですが。

それではいつも通り備忘のためにマーケットの概況を記載しておきたいと思います。

スポンサーリンク

前場:寄り安からの反発でプラス圏へ

冒頭にも書きましたが、

  • 前日のNYダウは大幅続落
  • 為替も米ドル円が118円台後半まで円高進行

という悪い地合い。

しかも前日の値動きからは買い方の勢いは全く見られずという状況の中、今日の日経平均は想像通りの下げスタートとなりました。
(下げ幅は予想外の小ささでしたがw)

という訳で今日の寄り付きは86安の17,804円でした。

そこからさらに下げ幅を拡大して行く展開課と思いきや、9:05分に付けた132円安の17,758円を底値に急速に反発。

米ドル円もこの動きに同調して円安方向へと同意付いてきます。

一時は前日比プラスを目前に勢いが弱まるかに見えましたが、直に切り返すとさらに下げ幅を縮小してプラス圏に突入すると一気に上げ幅を拡大。

見事に18,000円を回復すると18,000円を挟んでの高値もみ合いとなります。

その後もこの展開はそのままで、前場の引けまで続きました。

最終的に前引けは138円高の18,029円。

ちなみにこの間、米ドル円も119.0-119.16円のレンジでもみ合いの展開でした。

この大幅反発については、

国内年金勢の買いが入ったことが背景との見方もある

との事ですが詳細は不明。

参考:〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調もみ合い、公的資金への期待感も | Reuters

まぁ、昨日までの急速な下げの反動の可能性もありますしね。

後場:寄り後に上げ幅を拡大、高値引け

昼休憩中には米ドル円は一時円高方向に向かいますが、後場の寄り付きに向けて反転。

値を戻しきれずに後場の取引開始となりました。
日経平均の後場寄りは143円高の18,035円と前引けより僅かに上げて寄り付きます。

その直後、一気に上げ幅を拡大していくと、25日平均線、18,000円を上抜け13:02には、278円高の18,170円まで到達します。

この水準は昨日の最高値である18,126円より上なので、かなりの勢いだった事が解りますね。

この勢いに米ドル円の反応が鈍いのが気になりましたが。
その後は18100円台半ばの高値圏でもみ合いとなりますが、米ドル円は相変わらず動意付かず。

大引けが意識される14:00付近からはさすがに上げ幅を縮小していきますが、18,000円を支持線に底堅さを見せると、大引けにかけて再び上げ幅を拡大していきます。

最終的に今日の終値は205円高の18,096円となりました。

ちなみにこの間、米ドル円はむしろ円高方向へと振れていましたね。

なぜ米ドル円はサポートブレイクしたのか

今日の値動きで気になったのが、ドル円の動きですね。

後場に入ると日経平均との連動が完全に途切れたかの様な動きをみせていましたし、日経の大引け後には円高方向へとズルズル進んで行きました。

この動きは欧州時間に入ると更に加速し、サポートラインの118.50近辺を下抜けると118.10銭あたりまで一気に下落。

この記事を書いている現在でも、そこからの戻りはなかなか進んで無い状況です。
ここで最大の問題は、

この円高がなぜ起こったのか良く解らない

点ですね。
というのも、為替以外の市場の動きは、

  • 日経平均は大幅な反発から高値引け
  • 上海市場も堅調に上昇
  • 欧州市場も全面高

という流れの中で、ドルだけが売り浴びせられている状況です。
ニュース等には、

  • 米年内利上げ観測の後退
  • 米経済指標が市場予想を下回ったため米景気の先行き不透明感がある

などの理由が挙げられていましたが、日本株式市場の前場には株式市場の値動きに素直に従っていましたので、少々不思議な気もしています。

(実はGold先物も上昇しているので、リスク回避の流れなのは間違いなさそうですが)

今のところ欧州市場の全面高を受けてドル売りの動きも一服し、118円半ばを挟んでもみ合ってますので、ここらで反発して欲しいところですが、どうなんでしょうね?

明日の日経平均の値動き予想

という訳で、今日の日経平均は寄り安からの大幅反発となりました。

残念ながら昨日の最高値より僅かにしたで引けましたが、下げスタートからの反発で25日平均線、18,000円といった基準値を乗り越えての高値引けは評価できるんじゃないでしょうか。

米ドル円の値動きが気になりますが、このままNY市場が今日の各市場の地合いを引き継いで反発してくれれば、日経自体は上昇してくれそうですよね。

仮に明日も上昇した場合、どこまで上げてくるのかが気になりますが、

  • パターン1:5日平均線に頭を押さえられて18,160円前後
  • パターン2:昨日空けた窓を埋めに行って18,223前後

といったところでしょうか。

逆に下げた場合は、今日の最安値である17,758円が意識されると思います。
(ここのところ、25日平均線、18,000円があてにならないのでw)

もちろん出来れば上に向かって欲しいものですが。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です