【Fx日誌】午前の謎の上げで相場は一変。

今日の米ドル円相場は、日中に起こった謎の上げで一変しましたね。

特に午後の日経平均ザラ場中には、株が崩れそうになっても米ドル円は底堅く、長々と上昇を演じてくれましたので、非常に取りやすかったんじゃないでしょうか。

ただ120円の壁はちょっと厚く、なかなか抜けれませんでしたがw
(120円近辺で指値ショートが多いんですかね?)

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

ポジション取り前の動き

今日は、前日にNY市場が5連騰を演じていたものの、連休前という事もあって日経平均は「寄り高のジリ下げ相場」になると予想していました。

という訳で、日経の寄り付き後は少し静観し、シグナルを見極めてポジションを取る事に。

実際に日経は寄り直後に値を値幅を上げると、そこから崩れていきます。

今日のFxトレードの結果

その直後にUSD/JPY(ショート)のシグナルを確認してエントリーしていきます。

その後順調に円高方向に進むのを確認して、エントリーより少しプラスに逆指値をいれましたが、ここは直に反転されて手仕舞いとなっていました。

  • USD/JPY(ショート):+4 pips

その後、休憩に入るとあるニュースを目にします。

それが、

日銀の債券買いオペ通告

です。

(詳細はマーケット概況の方に記載しました。)

参考:日経平均は連休前にも関わらず前場の謎の上げで最高値引け | とあるFx投資家のブログ

僕がこのニュースを目にしたのが10:30ごろ。

市場はまだ反応してなかったようでチャート的にはどう見てもロングのポジションを取れる感じじゃありませんでした。
(むしろ下げトレンドの真っただ中w)

が、ここは最悪100pipsのダメージを覚悟でストップロスを指し、あえてのロングでポジション取りを慣行しました。
ドキドキしながら待ってると、そこからドル円は一気に急騰して120円に届くかと思いましたが、そこから少し押されて行きます。

この時点でエントリーと同値までストップ値を切り上げて仕事に戻ります。

その後、日本市場の昼休憩中に何度か押されますが、後場に入ると堅調な推移となったため、そのまま様子見を続けることに。

結局、日本市場の大引け前には120円を踏み越えてきましたので、逆指値を切り上げて更に様子見ています。

この流れは16:00ごろまで続きましたが欧州市場が始まると一転、揉み合い相場に入り、途中押しのタイミングで逆指値にかかって利確になるかと思いましたが、この記事を書いている現在でも何とかポジションを保っていますw

という訳で、まだ結果は出ていませんが、逆指値の値で決済したとしたら、、、という事で記載しておきます。

  • USD/JPY(ショート):+239 pips(仮)

今日のトータル終始は、+243 pips(仮)となりました。

今日の収穫

今日の収穫は以下の通り。

  • たまにはニュースに乗ってみるのも悪くない。
  • ただ、市場が反応していなかったらと思うと、かなり危険な賭けだったかもw

といったところですね。

という訳で今日は運よく賭けに勝てましたが、こういうエントリーはなるべく辞めておこうと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です