【Fx日誌】シグナルから遅れてのポジション取りは命取りになる。

今朝の日経平均株価の寄り付き反落を受けてドル円相場もジワジワと円高方向に進みました。

その後、日経の売りが一巡すると日経平均株価の上下に連動する形でドル円も上げ下げ。

このまま方向感の無い相場が続くと思われた昼下がりにいきなり謎の値飛びはご愛敬ですかね。

スポンサーリンク

今日のFxトレードの結果1

今日のFxトレードの結果は、以下の通り。

午前中に2回ほどポジションをとったがいずれもマイナスで終わりました。

  • USD/JPY(ロング):-148 pips
  • USD/JPY(ロング):-98 pips

原因は、どちらもテクニカルのシグナルから初動が遅れたにも関わらず慌ててポジション取りした結果です。。。

しかも後から見れば見事に価格転換点でのポジション取りという何とも残念なトレードをやってしまってました。

シグナル発生時にポジション取りしておけば、ここまでのマイナスを喰らわずに済んだという場面でもあり、この失敗は今後に活かさなければならないと痛感。

今日のFxトレードの結果2

その後、この立玉の損切り後にそのままトレンドに乗る方向で細かく損切りと利確を繰り返してみました。

この時のトレードは以下の通り。

  • USD/JPY(ショート):+152pips
  • USD/JPY(ロング):- 79 pips
  • USD/JPY(ショート):+25 pips
  • USD/JPY(ロング):+29 pips

山本議員発言で・・・

このままマイナス分は取り戻せずに終わるかに見えましたが。。。

午後に入り、たまたま為替を見てる最中の事。

13:53-13:54にかけて、120.314から121.290までいきなりの爆上げが始まると、瞬時に100pips動く様な異常な値動きのまま推移し、かなりビビリました。

この時の原因を探ってみましたが、ザイFX!のリアルタイム為替ニュースによると、原因は議員の発言らしいですね。

自民党の山本議員が10月末の日銀政策決定会合での追加緩和は「いい機会」と発言し、円が急速に売られたが、動意は一時的に止まり、ドル円は121.38円まで急騰後に120円半ばに戻し、「行って来い」の相場となった。

09月10日(木)|リアルタイム為替ニュース – ザイFX!より

ってか、自民党の山本幸三議員って・・・誰?w

ちなみにこの時は、慌ててこの波に飛び乗ること「たった数秒」で以下の利益を上げる事ができました。

  • USD/JPY:+173pips

という訳で今日のトレードはトータル+54pipsで決着。。。でも実に微妙です。

今日の収穫

今日の収穫は、以下の2点。

  • シグナル発生時にポジション取り出来なければ、静観するのが吉。
  • 誰かも解らないような議員の一言で一気にロスカットという事もあるので、やはりマネーマネージメントは大事。

今日は特にマネーマネージメントの重要性を痛感させられましたね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です