【Fx日誌】日銀の追加緩和見送りと飛び乗り飛び降りが全て

今日は正午に出された「日銀の政策発表」が全てですね。

あのタイミングで、

  • どうポジションを取っていたか
  • どんな指値で待ちかまえていたか
  • その後、どうポジションを取ったか

で、命運が別れたんじゃないでしょうか。

ちなみに僕の場合はノーポジ状態で、ちょうど正午に為替を見ていたのが全てでしたねw
(運も実力の・・・)

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

ポジション取り前の動き

今日は、

  • 前日のNY市場が小幅上昇だった点
  • 前日の日経の地合いはに若干の不安が残った点
  • 日本市場の取引開始前の米ドル円は方向感無く揉み合い

などから、日経の取引開始のタイミングでのポジション取りは見送る事にしましたが、、、

今日のFxトレードの結果

日経平均は前日比マイナスで寄り付いたものの、そこから値を切り返してきます。

それに同調する様に米ドル円も円安方向へと値を切り上げてきたため9:05ごろにロングでポジションを取る事にしました。

が、そこから急落。

あっという間にストップロスにかかって手仕舞いとなってしまいました。。。

  • USD/JPY(ロング):-63 pips

驚きつつも、その直後に再びロングでポジションを取りますが、反転の兆しが見えたため利益があるうちに裁量で手仕舞いします。

  • USD/JPY(ロング):+38pips

その後は、揉み合う中でなかなかポジションが取れませんでした。

今日も厳しい展開になりそうだな。。。

そう思ったんですが。

日銀の追加緩和見送り発表に遭遇。こう乗り切った。

少し早めに昼休憩に入り、為替を確認していると11:40ごろに大量のドル売り円買いが入っていたようで、一時、119.851まで円高に進んだ後、の下げトレンド形成と様相が一変していました。

「あれ?日銀が早めに発表したのかな?」

そう思いつつ、原因を探りますが良く解りません。。。

そうこうしている内に12:00丁度に3度目の大量のドル売り円買いが入ります。

119.761まで一気に円高に進むと高ボラティリティな中、タイミングを見計らってUSD/JPY(ロング)2回ほど飛び乗り、飛び降りを繰り返します。

  • USD/JPY(ロング):+207 pips
  • USD/JPY(ロング):+196 pips

ある程度、上げ下げが落ち付いてきたところで、そのままドテンでUSD/JPY(ショート)にポジションを切ります。

この時点で予想は出来ていましたが、直に日銀の発表を確認したところ結果は「追加緩和は見送り」。

このままショートで値幅を抜こうと思いましたが、意外と切り返しが早く、裁量で手仕舞いしました。

  • USD/JPY(ショート):+43 pips

という訳で、今日はトータル+421pipsと大きくプラスを取る事ができました。

まぁ、たまたま運良く上手くいったただけですがw

今日の収穫

今日の収穫は以下の通り。

  • 大きな発表がある時はノーポジにしておく方が良さそう。
  • 今日は上手く行ったけど、飛び乗り飛び降りは危険w

といったところです。

まぁ、同じタイミングで為替を見ていたら、次も「飛び乗り飛び降り」をやってしまいそうですがwww

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です