【Fx日誌】今日のFXトレードは収支マイナスだったものの収穫はあった。

今日の米ドル/円相場は日経平均の寄り後から前場までは概ね円安、その後14:00付近までは円高、その後はまた円安とざっくりした流れは見えやすかったと思います。

ただ、値幅は小さかったので、トレンドは全般的に緩やかでしたが。

という訳で、大きく狙い過ぎ無ければ、それなりに取れそうな地合いでしたね。

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

ポジション取り前の動き

昨夜のNYダウは-12.69と僅かに下げてきました。

これに同調する様に米ドル円も円高方向に進んだ後は明け方にかけて値を戻すという流れでした。

日経の寄り付き前のレンジが119.900-120.00円辺りでしたし、日経平均自体、昨日の連騰の影響で利益確定売りが出来可能性も見えましたので、非常に予測が難しい流れとなっていました。

ただ、8:30辺りからジワジワと円高方向へのトレンドを形成しそうだったので、早めにUSD/JPY(ショート)で流れに乗る事に。

今日のFxトレードの結果

日経の寄り前には一気に円高方向へと値を下げて行きましたが、日経の寄りで反発もあり得るかな?という事でストップロスを約定価格ど同値に切り下げておきました。

日経の寄り直後は方向感無く上げ下げしていましたが、案の定、そこから一気に円安へと進みます。

当然、ストップロスにかかって手仕舞いとなります。

  • USD/JPY(ショート):± 0 pips

その後、USD/JPY(ショート)のシグナルでエントリーしますが、スグに反転してストップロスに。

  • USD/JPY(ショート):-55 pips

これは長期足を含めて判断するというルールに従わなかったため、自分の完全なミスですが。。。

この直後にUSD/JPY(ロング)のシグナルでエントリーし、少し大きな値幅を取れないか実験してみる事にしました。

一言で言えば、

  • ストップロスの幅を広めに取る

なんですが、トレイリング・ストップのルールを変えて実験してみる事に。

結果、途中の小さな押し目を何度か切りぬけて最大で120pips取れそうという所まで伸ばす事ができましたが、最終的に決済ポイントの見極めに失敗して僅かにマイナスとなってしまいました。

  • USD/JPY(ロング):-18 pips

ただ、これまでの様に小さく刻むより忙しく無く、取れるポイントで大きく値幅取る事ができそうだなという印象でしたし、決済ポイントの見極めを改善してやれば、もう少し上手く立ち回れそうという感触も得る事ができました。

今日の収穫

今日の収穫は以下の通り。

  • せっかく改善したエントリールールは必ず守ること。
  • 今回のトレイリング・ストップの改善で小さな押し目を切りぬける事が出来そうだ。
  • ただし決済ルールには改善の余地あり。

といったところです。

という訳で、先日検討していた「トレイリング・ストップの値幅検討」について良い感触を得られたのは大きいですね。

また、決済ルールの改善策についても仮説は得られましたので次のエントリーで試してみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です