【Fx日誌】やはり値幅が狭い時には利幅を抜き難い

今日の米ドル/円相場は終わってみれば値幅は非常にせまく、大きなトレンドも形成されませんでした。

こうなってくると、トレンドフォローのスタイルでは大きく利幅を抜いて行くのは難しいのは、これまでに経験した通りですね。

そんな中で上手く立ちまわれるようになりたいものですが、今日はどうだったのか。

それでは今日のトレード結果を見て行きましょう。

スポンサーリンク

ポジション取り前の動き

今日の日経平均は、配当権利落ち後なので一旦下げて始まるものの、先週末のNYダウが久々に反発した事も有り、寄り付き後にプラス圏への反発もあると予想していました。

そこで、今日は思い切って日経の寄り付きでのポジション取りを見合わせる事にしました。

日経寄り付き後の為替のトレンドを見極めてから発進する方針ですね。

今日のFxトレードの結果

日経平均は寄り付きで下げて始まるものの、その直後に値を切り返して上昇して行く流れとなりました。

反面、米ドル/円は上げ下げしつつも円高方向へと流れて行くのを確認し、USD/JPY(ショート)でポジション取りする事に。

その後、日経平均の上昇が続かず下落幅を広げて行くと米ドル/円も円高に乗って行きます。

が、日経が切り返して再び上昇を始めると米ドル/円もこれに続きます。

ここでトレイリング・ストップにかかり手仕舞い。

  • USD/JPY(ショート):+56pips

この最初のポジションで利益を取れたのが、その後の冷静さに繋がったように感じます。

その後、昼過ぎごろにUSD/JPY(ロング)のシグナルを確認しポジションを取りますが、これはストップロスにかかって、そのまま手仕舞いに。

  • USD/JPY(ロング):-52pips

夕方16:00前に再度USD/JPY(ショート)のシグナルを確認しポジションを取りますが、円安方向に切り返す動きが見えたため、ここは裁量で手仕舞いします。

  • USD/JPY(ロング):+21pips

という訳で、今日はトータル+25pipsのとい勝ち。。。

目立ったトレンドが形成されない中では、やはり大きく勝ちを狙うのは難しいようです。

ただ、今日は冷静にpipsを抜き、なんとかプラスで終えることが出来たので良しとしたいですね。

今日の収穫

今日の収穫は以下の通り。

  • 1日の最初のポジションで利幅を取れると、その後の展開が楽。
  • 値幅の狭いレンジに入ったら、ある程度小さく抜くのもアリかもしれない。

といったところです。

加えて、今日の収穫でもう一つ重要なポイントとして、今日から時間軸の大きい足を組み合わせて判断するという試みを入れてみました。

これまでの、

  • 5分足
  • 30分足

に加えて、

  • 2時間足
  • 4時間足

で大きな流れを見極める事で「トレンドの押し目かもしれない」とか「抵抗線でもみ合うかもしれない」などチャートをより俯瞰的な視点で見る事ができるので、無駄な飛び乗りは減りそうな気がします。

この辺りについては、もう少し検証と経験を積んで行きたいですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です