日経平均は戻しきれずズル下げの展開に。

今日の日経平均は、配当権利落ち後ということも有り、寄り付きから下げて始まる展開は予想できましたが、下値は限定的でプラス圏への反発もあるかと思ってました。

が、蓋を空けて見れば前場にプラス圏を目指す動きも見られたものの後場にはズルズルと下げ幅を拡大していくなど、買い方の弱さが目立った印象でしたね。

先週末の値動きが悪くなかっただけに、ここにきての下落は少々残念な気もします。

それではいつも通り備忘のために記載しておきたいと思います。

スポンサーリンク

前場の値動き

前場の日経平均は非常に忙しい展開でしたね。

  • 寄り付きは先週末比で69円安の17,811円
  • 一旦切り返して先週末の終値にタッチ
  • そこから下げ幅を拡大して17,600円まで一気に下落
  • さらに再度プラス圏を目指して上昇、寄り付きの値である17,811円を越す
  • ここから再び下落して17,600円台へ

と200円幅で行ったり来たり。

最終的に午前終値は203円安の17,677円となりました。

この間の米ドル/円は日経平均に沿うように上下していきますが値幅は限定的でしたね。

日経平均に関しては、寄り付きで多少の下落は予想していましたが、ここまでの乱高下にはさすがに驚きました。

後場の値動き

後場に入っても前場の余韻からか後場の寄り付き後の日経平均株価は上下に波打ちますが、それも続かず。

その後はそのままズルズルと下げ幅を拡大していき、一時は下げ幅300円を越してきます。

大引けにかけては急速に値を戻して最終的に235円安の17,645円で終えましたが、後場の株式市場には全く勢いが感じられませんでした。

日経平均はこのまま下げトレンドへと入っていくんでしょうかね。。。

明日の値動きはどうなる?

明日の日経平均の動きは、今の目立った買い材料も売り材料も見られない中では揉み合う展開が続く可能性が高いと思いますが、今日の値動きを引きずるようだとズルズルと下げていく展開も有り得るでしょうか。

いずれにしても今夜の海外市場や為替の値動きに大きく左右されそうですね。

このまま行くとズルズルと下げトレンドに流れて行ってしまいそうなので、ここらで踏みとどまって欲しいところですが。。。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です